menu

古銭で百円札といえば稲垣退助のものが多く流通しています。

古銭で百円札といえば稲垣退助のものが多く流通しています。この百円札は1953年、昭和28年から1974年、昭和49年まで発行されており、実際に使われた時代を知っている人が多く存命しています。表のデザインが右側に稲垣退助の肖像。真ん中に百円という漢字が描かれています。左側には数字で100と記されています。裏面は国会議事堂が斜めに描かれており、重厚感が感じられます。色合いは表が茶色継投で中央の緑色のデザインが特徴的です。裏面は赤茶色になっています。 現在の古銭としての流通相場は1枚あたり、3,000円から5,000円程度です。また、製造番号がドロ目であったり、連番で存在している場合は流通価格の高くなります。さらに高価で取引されているのが印刷づれです。印刷づれの程度にもよりますが、通常の何杯にもなる場合があります。 古銭は、タンスの奥などに残っている場合が多くあります。特に百円札は流通量が多く、昭和49年まで発行されていたので、発見される可能性は十分あると考えられます。

title